安めの家賃の物件に多い木造アパート。あらためて考えてみた。
Home » 福岡の木造賃貸アパート » 単身者からファミリー層まで満足の住み心地

単身者からファミリー層まで満足の住み心地

福岡の木造賃貸アパート

福岡市東区の賃貸アパートは、単身者からファミリー層まで満足の住み心地と評判です。
賃貸住宅でよく混同されるのが賃貸マンションと賃貸アパートの違いです。
一般に、賃貸マンションはRC造や鉄骨造であるのに対し、賃貸アパートは木造というのが大体の定義ですが、最近の賃貸アパートはきちんとリフォームされていて、中には賃貸マンションと遜色ないインテリアや設備も見受けられます。

その点、東区は賃貸アパートがかなり多く、賃料も安いので狙い目です。
できるだけ家賃を節約したい学生や、その分だけ貯金したり、趣味や子どもの教育に充てたいという子育て世代まで、幅広い人々から支持されるのもうなずけます。

「東区はよさそうだけど、どのあたりに住めばよいの」という人に、参考となる情報を……。
人気の駅ランキングというのがあり、香椎駅をトップに福工大前駅、千早駅、箱崎宮前駅などが続いています。
特に香椎駅界隈は、「閑静な住宅街で静か」「家賃が安い」「通勤・通学や買い物に便利」とすべての条件がそろっています。

ちなみに、香椎駅界隈の賃貸マンションの家賃相場はワンルーム3.5万円前後と割安ですが、賃貸アパートはさらにそれを上回ります。
ネットなどで検索してみると、駅から徒歩4分の1K(和室6畳、キッチン3畳)の物件が1.5万円でありました。
時代を感じさせる佇まいですが、味わいのある空間で、普通に暮らせるでしょう。
面白いのは不動産屋のPRコメントに、「セカンドハウスかトランクルーム代わりにいかがですか?」とあったこと。
ファミリー向けでは、2LDK(LDK8畳、和室6畳、和室6畳)が4.5万円でありました。
しかも、駐車場込みでこの金額です。
探せば掘り出し物の賃貸アパートがきっと見つかるでしょう。