安めの家賃の物件に多い木造アパート。あらためて考えてみた。
Home » 福岡の木造賃貸アパート » 大野城市に人はなぜ住みたがるのか?

大野城市に人はなぜ住みたがるのか?

福岡の木造賃貸アパート

福岡のベッドタウンとして人気が上がり続けている大野城市。
単身者が住むには少々刺激が乏しいかもしれませんが、その分、子育てファミリーには願ってもない環境が整っていると言えます。
注目の大野城市エリアですが、賃貸マンションなど賃貸住宅の賃料が意外とリーズナブルなことも人気に拍車をかけています。
ワンルームの家賃相場は3.7万円で、1LDK5.0万円、2LDK5.7万円、3LDKが7.3万円というのは、春日市や太宰府市、筑紫野市と比べても太刀打ちできる安さです。

しかし、もっと家賃を抑えたいという欲張りな人におススメの手があります。
それが賃貸アパートを借りるということ。
アパートというと建具がガタピシして、設備なども古めかしいイメージを持たれているかもしれませんが、昨今は「素敵!」と思わせる物件も珍しくありません。
特にフルリフォームした賃貸アパートは、このクオリティでこの金額と目を疑うほど。

ちなみに、賃貸サイトに掲載されている賃貸アパートの一例を紹介すると、単身者向けではJR鹿児島本線・大野城駅9分にあるワンルーム(洋室8畳)の家賃2.5万円が最安値のようです。
ファミリー向けでは大野城駅12分の2LDK(LDK8畳、洋室6畳、和室6畳)が4万円となっています。
福岡市からJRや西鉄電車で20分圏内にありながら周辺には自然も残されており、閑静なたたずまいの町並みはきっと心をとらえるでしょう。
興味をもたれたら現地まで足を運んで、不動産屋さんをのぞいてみてください。
掘り出し物件がみつかるかもしれません。